カポダストって色々あるけど、実際使って比較してみた

こんにちわ 若葉ギターです

今回はカポダストの選び方について書きたいと思います!

私はカポが大好きで結構な数をかってしまってます笑

実はカポによって色々向き不向きがあったりするので今回はその違いを紹介していきます!

このブログを読んでほしい人

・ギター初心者でこれからカポタストを買う人
・そもそもカポタストって何?
・カポなんて全部同じでしょって思う方!

カポタストとは

ギターにつけるこれですね!

音のキーを上げたり、曲を簡単にしてくれるものになります!

弾き語りするなら必須ですね!

今回は色んな種類のカポの選び方などを紹介していきます!

ゴムの力で、ワンタッチで装着できるカポ

弾き語りするなら一番多いのではないでしょうか!

ゴムの力で調整するので本体のサイズを選ばず、ヘッドなどに挟んで置ければ邪魔にもなりませんね!

ゴム式の装着時前になるタイプ

このカポダストのpoint

・大人気kyserのカポダスト!
・装着時に前になるから
演奏中邪魔にならない!
・プロから初心者までつけてる有名メーカー
・ゴム式だから、ワンタッチで変更

・有名なのに2000円程度で買えてしまう


ゴム式の装着時後ろになるタイプ

このカポダストのpoint

・弦などで有名メーカーダダリオが2000円代で手に入ってしまう!
・装着時後ろに来るので、
前から見たらすっきりしてる!
・後ろにあるので、カポの移動が素早く行えます!
・調節機能があるので、力が無い人も軽く変更可能!


ギターの形に自動調整してくれるタイプ

ギターって色々な形があるので、強く締めると音がずれるし弱かったら音が鳴らないです!
でも自動調節してくれるものがあるので、チューニングは狂いにくくギターは痛めにくいです!

このカポダストのpoint

・自動調整で装着し、ワンタッチで解除が可能なので楽!
チューニングが狂いにくく、解除も簡単
・一番いいものが欲しい方は万能なこれがおすすめ
・エレキにもアコギにも使えます!
・前も後ろもすっきりで、おしゃれです!


ネジで調節するタイプ

ネジ式のカポダストは、ギターのサイズによって事前にサイズを決めるので
ギターのチューニングが狂いにくく、本体を痛めにくいです!

このカポダストのpoint

・有名なSHUBBさんのカポダスト!
・2000円切るというコスパ!
後ろも前もすっきりで演奏中邪魔にならない
・サイズを調整するので、チューニングが狂わない!


カポ移動を素早く行えるカポ

別名グライダーカポっていうんですが、演奏中に転調する曲あると思うんですが演奏を止めずにい転調出来るのが特徴です!

このカポダストのpoint

演奏中の転調にも演奏を止めずに変更可能
・後ろはゴムになってるので、傷がつかない!


おしゃれなカポ

このカポダストのpoint

珍しい形のカポなので、ライブなどで注目されるかも!?
・ゴム製なのでワンタッチで付け替え可能

選び方

色々紹介しましたが、管理人はおしゃれなカポ 以外すべてもってます笑

路上ライブを3年ほどやってましたが、その時はメインはゴム製でヘッドに挟んでやってました

路上してたらカポつけたり外したりするので、ゴムが便利でした!

でも青いベンチ/サスケさんの曲は途中で転調するやつはグラインダーカポ

ソロギターする時は、ネジが邪魔にならずによかったです(^^♪

自分に最適なカポは自分の演奏スタイルで変わると思うので、自分の演奏スタイルで決めるといいと思います!

タイトルとURLをコピーしました