チューニングの仕方

ギターを弾く前にチューニングといわれる作業をします。
6弦======= E(ミ)
5弦======= A(ラ)
4弦======= D(レ)
3弦======= G(ソ)
2弦======= B(シ)
1弦======= E(ミ)
に合わせます。
通常のチューニングっというものはこうゆう感じです。
チューニング方法は
1.チューナーを使う
2.ピアノ(音階のでる楽器)で合わせる
3.音叉で合わせる
などがありますが、チューナーを使う方法が 絶対おすすめです。
ギターは弦楽器なのでアコギなど使ってるとすぐ音がずれてしまいます。
一度チューニングしたら半年は大丈夫だろう。。なんっていうことは
ないので すぐにできて確実なチューナがおすすめです。
しかし、いますぐ音を合わせたいんだ、音感をつけたいんだって
いう人のために
1.チューナーを使う
2.ピアノ(音階のでる楽器)で合わせる
の説明をしときます。
▼チューナーを使う方法▼
チューナーによってシールド系やマイク系振動系
などありまして それぞれメリットやチューニングの
仕方が若干変わりますが
それぞれのメリットやデメリットの詳細はチューナーの選び方
チューナーによって、
C.D.E.F.G.A.Bや
6E.5A.4D.3G.2B.1Eや
C.C#(Db).D.D#(Eb)E.F.F#(Gb).A.A#(Bb).B
などと表記されることが多いですが
チューニング方法は大体どれも一緒だと思います。
▼シールド系▼
1.チューナーの電源を入れる
2.エレキもしくはエレアコにシールドを挿してチューナーのinputに挿す。
3.エレキのボリュームを上げる。
4.440HZ(無い場合も)に合わせる。
5.ペグをまわして
6弦======= E(ミ)
5弦======= A(ラ)
4弦======= D(レ)
3弦======= G(ソ)
2弦======= B(シ)
1弦======= E(ミ)
にあわせる。
▼マイク系▼
1.チューナーの電源を入れる
2.440HZ(無い場合も)に合わせる。
3.ギターの近くに持き、ペグをまわして
6弦======= E(ミ)
5弦======= A(ラ)
4弦======= D(レ)
3弦======= G(ソ)
2弦======= B(シ)
1弦======= E(ミ)
にあわせる。
◆マイク系チューニング動画◆

【ギター弾き語り講座】これで迷わない!ギターチューニングの仕方 動画解説★初心者ギター弾き語りby若葉ギター

▼振動系▼
1.チューナーの電源を入れる
2..440HZ(無い場合も)に合わせる。
3.ギターに挟んでペグをまわして
6弦======= E(ミ)
5弦======= A(ラ)
4弦======= D(レ)
3弦======= G(ソ)
2弦======= B(シ)
1弦======= E(ミ)
にあわせる。
▼ピアノであわせる方法▼
ピアノのA(ラ)の音を鳴らします。
ギターの5弦をAにあわせていきます。
オクターブを間違えたら切れたりゆるゆるになったります。
Aに合わしてもゆるゆるだったりペグを回して
切れそうになるまで回すようでしたら巻き足らないか
通り過ぎて巻きすぎかもしれません。
それで5弦の音をAに合わせたら
5弦はokです。
6弦の5フレットを押さえてピアノであわせた5弦の音に
あわせます。
このとき、5弦のペグを回して合わせるんじゃなくて
6弦のペグを回してあわせましょう。
これで6弦はokです。
次にこんな感じで
5弦の5フレットを押さえて4弦にあわせる
4弦の5フレットを押さえて3弦にあわせる
3弦の4フレットを押さえて2弦にあわせる
2弦の5フレットを押さえて1弦にあわせる
を 繰り返して音が全部あってれば完了となります。
◆ピアノチューニング動画◆

【ギター弾き語り講座】チューナー無くてもOK ピアノでチューニング仕方 動画解説★初心者ギター弾き語りby若葉ギター

コメント

タイトルとURLをコピーしました